肉用牛繁殖経営管理ソフト Windows Version - バックアップ -
データを管理しているデータの保存(バックアップ)・復旧(リストア)を行います。
 
  
 
 
 
   データの最適化
 
大量のデータを管理するデータベースは登録・削除を繰り返すと検索効率が下がりアクセス速度が遅くなってきます。
アクセス効率をよくするために「データの最適化」を行います

尚、本システムで使用するデータ量であれば検索効率が下がり処理速度が低下することは有りません。
   データベースの機能の一つとしてこの処理を組み込んでいます。

 
   データの保存 【手順説明はこちらから】
 
本ソフトで使用しているデータベースファイルをUSBメモリ・ハードディスク・フロッピーディスク等にコピーします。
 
   ※ 対象となるファイルはインストールしたフォルダ内にある「HAN95.MDB」です。
 
   ※ Ver6.0Release200910以降では下記フォルダにも同時に保存されます。
               「 C:\肉用牛繁殖経営管理システムバックアップ 」
 
   ※ 母牛情報で登録した画像ファイルは「保存名+ImageBackUp」フォルダに保存されます。
 
   ※ 複数農家管理をしている場合は、各農家のデータを表示させ、農家毎に保存してください。

 
   データの復旧 【手順説明はこちらから】
 
「データの保存」でコピーしたデータベースファイルを本システムで使用できる状態にコピーし直します。
その際、元のデータに上書きコピーされます。

  バージョンアップ履歴はこちら
 
肉用牛繁殖経営管理ソフト Windows Version