肉用牛繁殖経営管理ソフト★受精卵移植(ET)対応版★ - 種付情報 -
日々の作業で「種付けを行ったとき」「受胎確認したとき」「採卵したとき」に操作する画面です。
 
 
 
 種付入力    授精卵移植入力
 

 受胎確認日入力    採卵日入力
 

 
 帳票印刷サンプル 
 
 
   管理項目
   産次    区分    受精卵ランク    種付・移植日
   種雄牛名    試料番号    受精卵母牛名    授精証明書No
   受胎確認日    分娩予定日    採卵日    試料番号
 
   種付・受胎確認・採卵作業時のデータ登録
 
 
  【 ... 種付作業時... 】    

種付または移植した時に、母牛データに対して「種付または移植日・種雄牛名号・授精証明書情報」を入力します。

・採卵も1産次とカウントします。
  (採卵した場合、次の種付情報入力の産次は「採卵した産次+1」となります)

    操作イメージ動画  ( 「タイトルクリック」−「全画面表示」で高画質動画 )
 

 種付・移植入力画面
 
 入力パネル表示  種付時の入力
   
 受精卵移植時の入力  受精卵選択
   
「授精証明書サンプル」  
 
 
設定画面で印刷用紙サイズ「B5・A4」の指定が可能です。
 
 

 
 
  【 ... 受胎確認時... 】    

種付け中で、受胎を確認した種付情報データに対して「受胎確認日」を入力します。
尚、受胎確認日が入力されると最終種付日から285日後(受精卵移植の場合は279日後)を自動計算し
  「分娩予定日」として表示します。
    操作イメージ動画  ( 「タイトルクリック」−「全画面表示」で高画質動画 )
 

 受胎確認時入力  
   

 
 
  【 ... 採卵時... 】    

採卵した時、種付情報データに対して「採卵日・ランク・数量」を入力します。

※採卵も1産次として管理していますので、次回種付・移植の産次は+1産次となります。

    操作イメージ動画  ( 「タイトルクリック」−「全画面表示」で高画質動画 )
 

 採卵時入力  
 
 ・採卵した受精卵は受精卵管理画面に表示されます。
 
 

 
  バージョンアップ履歴はこちら
 
肉用牛繁殖経営管理ソフト★受精卵移植(ET)対応版★